◎馬(まるうま)

一口馬主のワタクシ、スティーヴが重賞を勝つまでなんとか続けたいブログ

レティキュール(2歳)

2歳馬近況(5月)

17産の募集が間も無くというこの時期に、キャンセル募集らしいです。
誰だトランスアスクル手放したやつは。
そりゃあ何回も頓挫してますよ。順調だとは言えません。私は慣れていますが、不安になったんでしょうなぁ。


トランスアスクル

トランスアスクル4.14

5/4
『現在はトレッドミルで運動を行っています。5月中旬に左前脚球節が腫れてしまったので、騎乗運動をお休みしています。ようやく症状も落ち着いてきたことから、近日中に騎乗運動を再開します。年末の左トモの跛行に続いての、アクシデントとなりますので、脚元に注意を払いながら慎重に進めていきます。現在の馬体重は510kgです。』

5/18
『現在は週3日は軽めの運動、週3日は屋内坂路で乗られています。屋内坂路では毎日異なるメニューを消化しており、それぞれハロン17秒のキャンターを1本、ハロン17秒のキャンターを2本、ハロン16~17秒のキャンターを1本という調教メニューになっています。徐々に進めている段階ですが、坂路調教の反動はなく、順調に調教を消化しています。現在の馬体重は512kgです。』

早期の始動を想定していましたが、どうやらそうではないようです。このまま順調に行って10月くらいと思いますがどうでしょう。


レティキュール

レティキュール4.14
 
5/4
『調教メニューにほぼ変わりはなく、週3日は屋内坂路(900m)に入り、うち2日はハロン16秒ペースで2本、1日はハロン17秒ペースで1本、ほか週2日は周回コースでハロン25秒ペースのキャンター1600mを消化しています。ハロン16秒ペースの調教にも慣れて、気合いの乗ったいい走りができるようになりました。また、暖かくなるとともにカイバ食いが徐々によくなって、体調面も安定しています。今後も適時リフレッシュを挟みながらメニューを組み、成長を促します。現在の馬体重は422kgです。』

5/18
『週2日屋内坂路(900m)をハロン16~17秒ペースで2本、ほか2日は周回コースで普通キャンター2000m、1日はキャンターペースのトレッドミル運動を行っています。疲れを見せず意欲的に調教メニューを消化しており、走るときの前進気勢も増しています。体高がもう少し欲しいところですが、お腹回りがスッキリしながらトモの筋肉が盛り上がり、好馬体に成長しています。現在の馬体重は431kgです』

こちらもまだ時間がかかりそうです。なかなか馬体が増えない代わりにケガはなく、この馬なりに順調のようです。


 

2歳馬近況

モンスト?何それゲームなん?
ゲームあんまり得意じゃないしね。。。あ、そう。招待したらオーブ貰えるの。じゃぁ招待していいよ。続けるかどうかは知らんけど、チュートリアルだけしとってやるね。うん。わかった。

・・・と言って、もう3年半になる。

平均はどのくらいかわからないけどレベルは350を超え、運極は80体。アヴァロンの適正が全然いなくて、天草欲しさにガチャをぶん回したおかげで今の獣神化にはほとんど対応。そしてアホの極みの課金額は結構ある。モンストやってない人には何のこっちゃでしょうけど、若いアルバイト君とかの会話のキッカケにもなるし、コミュニケーションの道具として活躍しています。 しかしおっさんになって課金とかホントばかみたいだなw


クラブの2歳馬が続々と入厩しているのに気がつきまして、羨ましい気持ちと少し急かされている気持ちにもなりました。まだ慌てるような時間じゃない。と思う。




トランスアクスル(2歳)

現在は屋内周回コースでハロン27~28秒程度のペースでゆったりと2500mの距離を乗っています。スムーズで大きなストライドで走れており、着実に走り方が良くなっています。順調に乗れていることで、毛ヅヤが綺麗になり、体調の良化がうかがえます。ただ、相変わらず気持ちの面には危ういところがあり、敏感なところをみせたり、スタッフから離れようとしたりしますので、丁寧に接することを心掛けています。引き続き脚元、体調面には注意を払いながら、徐々に調教を強めていきます。様子をみて、坂路調教を開始いたします。3月下旬に計測した体高は166cm、胸囲は192cm、管囲は20.8cm、馬体重は500kgでした。

トランスアクスル
 

この時期になると、ハロン14〜15秒で乗る馬が入厩組を除いて進んでいる組になりますが、年末あたりにやった跛行の影響でしょうか、なかなかペースが上がってきません。

slamdunk_19_156




レティキュール(2歳)

リフレッシュ期間を終え、騎乗調教を再開しています。現在は週3日は屋内坂路(900m)に入り、うち2日はハロン16秒ペースで2本、1日はハロン17秒ペースで1本、ほか週2日は周回コースで普通キャンター1600mを消化しています。休んだ効果で前向きさが出て、走りがとても良くなっていますし、体もしっかり使えています。ただし、カイバは食べていても、乗り込むと体重が減ってしまうので、こまめにリフレッシュを挟みながら進めていきます。3月下旬に計測した体高は154cm、胸囲は176.5cm、管囲は20cm、馬体重は424kgでした。

レティキュール

両馬なりに順調みたいですが、トランスは人にビビり、レティはなかなか大きくなれないという問題を抱えております。
もう少し様子を見ましょうか。 

slamdunk_19_156
 

2歳馬の馬名

昨年暮から事務所改築に伴い、4ヶ月だけ事務所を移転しています。どうせまた荷造りしなきゃいけないので開梱は必要最小限にとどめて、どうにかやりくりしています。新しくなる事務所に戻るのが楽しみなんですが、、、間借りしているこの事務所は、結構面白いw

私は1Fで、後からわかったことですが2〜3Fが民泊になってました。
結構な確率で私のいる事務所に訪問なさるんです。
民泊について調べて見たら、ホストはダイヤル式郵便受けに鍵を入れておき、ゲストにダイヤルのナンバーを教えてそこから鍵を取って部屋に入るスタイルみたいですね。
有名なのがエアビーアンドビーとかいうサイトですよね。

コンニチハ〜。といいながらスーツケース丸ごと運び込もうとするやつから、扉を開けて顔半分覗かせ、無言で立ち去る者まで様々です。
私をホストと思い込み、ナンバーを教えろというヤツや、ナンバーを教えてもらってないから入れないという苦情、ニホンゴ ハナセナイノデ エイゴデ オネガイシマス。という若者w
なんなんだこれはと、最初は戸惑ったものです。 
対応にもだいぶ慣れたんだけどもうすぐ出て行くし、次入ってくる会社はきっと大変だろうな。




今回は馬名が決定したのでお知らせです。

ラテアートの16

現在は屋内周回コースでハッキングキャンターを3000mのメニューを消化しています。脚元の不安を払拭しており、騎乗運動を再開しています。乗り出してからは以前よりも馬体を上手に使えるようになり、乗りやすくなっています。ただ、気持ちの面の敏感さは相変わらずで周囲の出来事や音にはビックリしてしまいます。また、馬房の中では人から離れようとする仕草がみられるので、気持ちには注意を払っていきます。馬体は騎乗運動をお休みしていた間にひとまわり大きくなりましたが太め感はなく、幅が出て見栄えが出てきました。様子をみて、坂路調教を開始する予定です。現在の馬体重は510kgです。※このたび、馬名が「トランスアクスル」(Transaxle トランスミッションとデフを一体化した装置(自動車用語))に決定いたしました。』

残念ながら私の応募した馬名は当選ならず。自動車用語はわかりませんけど、男馬らしい力強い馬名になりましたね。
調教は、跛行した影響で少し遅れてしまいましたが、まだ全然大丈夫です。

トランスアクスル



ファッションプレートの16

週3日は屋内坂路(900m)1~2本をハロン17~18秒のペースで乗っていました。背中をよく動かして、馬体のサイズ感以上に体を大きく使う躍動感あふれるキャンターです。これからのペースアップを前に、ここでリフレッシュを挟んでいます。いまはトレッドミルの運動とウォーキングマシンの運動を行っています。冬毛が抜けるにつれてスッキリ見せるようになり、毛ヅヤがよくなってきました。少し体高も伸びて大人になった印象も受けます。暖かくなる頃にハロン15秒で乗ることが目標です。現在の馬体重は441kgです。なお、馬名が「レティキュール」(Reticule 女性用の小さな手提げ袋。母名より連想)に決まりました。』

これも私が応募した馬名ではありませんが、可愛らしい馬名で良かったです。
進んでいる組でハロン15秒。早期デビューを目指すような扱いではないので、このくらいでちょうどいいのかもしれません。何よりもケガなく順調に来ているのがいいところです。

レティキュール
 

ラテアートの16とファッションプレートの16

昨日の結果により、ウチのチームに2頭が加わりました。
1番に指名したいと思った馬ではないものの、現状の私の実績を考えますと、抽選を避けた範囲で獲れる馬の中では最良の結果となりました。


133.ラテアートの16
 募集時写真
ラテアートの16

 特に目につくところはないのがいいのか悪いのか。ごく普通の目立たない馬というのが票にも現れていて、第2でようやく満口になったと思われます。

体高157.0 胸囲171.0 管囲20.5 体重425

そんなに大きく見えなかったんですけど、結構大きな部類ですね。募集馬トップクラスの体高があるせいでしょうか。

ラテアートの16血統

一つ上にレイヤーハート(牝馬・父ダイワメジャー)がいる2番仔です。
ポイントにも書いてある通り、キンシャサ×母父バクシンオーはモンドキャンノが走っているくらいで、配合例が少ないのも影響してか、そんなに目立った活躍はありません。
母系を見ても、なんだか古臭い感じがしないでもないw ただ母ラテアートは桜花賞(15着)にも出走しているくらいなので、この配合だと早熟傾向なのかなと思ってしまいます。なんせ稼働馬が少ないので、早い時期から楽しませてくれるのは大歓迎です。

牧場で見たときはすごくおっとりした感じで、時折いなないてみせるまだあどけない姿が、今後どのように変化するのか楽しみです。




156.ファッションプレートの16
募集時写真
ファッションプレートの16

マークしていたのにもかかわらず、ツアーで謎の見落とし。生で見たとしても特に目立ったところもなかったのでしょう、残口わずか表示ながら1.5次でも残っています。

体高147.5 胸囲168.0 管囲19.3 体重385

初仔ということも影響してか、ラテアートの16とは対照的な小さい馬体です。2月生まれでこの程度では、先が思いやられそうです。

ファッションプレートの16血統

その小さな馬体に不安を覚えますが、それを上回る楽しみがあるこの血統。母ファッションプレートはアメリカG1を2勝。父の代表産駒になっています。アロゲートを出したアンブライドルズソングの代表産駒・・・ではないですが(>▽<;そのあたりの底力はあるように思えます。それ以外の母系は全くわかりません。楽しみな血統とか言っておきながら知識はその程度です( ̄Д ̄;

今年のオークスは6頭のハーツクライ産駒が出走しました。完全なる後追いですが、一発を期待したいと思います。


よろしくお願いいたします。 



 

社台サンデー募集馬2017〜結果

今回は、初めて牧場見学ツアーに参加しました。
今までは当然カタログとDVDを見て出資を決めていたのが、実馬を見て投票するという私にとっては贅沢な体験でした。
結局のところ、これこれネットで見たわ〜この人気馬を取り囲む様子やこれが噂のアスパラガスか!とか、快晴の牧場は気持ちいいなとか、1歳時の馬はみんなかわいいな、などしか思わず、馬体を見てもほとんどわかりませんでした。
馬は手に脂がべっとりつくくらい相当な数を撫で回しましたが、社台Fの馬はほとんど付かず、ノーザンの馬は持参したウエットティッシュがなくなるほど付きまくりでしたね。
結果、惑わされるだけで自分の相馬など全く役に立たないということだけわかって帰ってきました。あー、でもコレ楽しいなぁと。次も是非参加したいなと思いました。


さて、今年の募集馬。
呪われし末尾2の私が選んだ馬がこちら。

募集馬投票17
 
昨日の公式発表の残口の50通以上と41通以上の馬のリストを見ましたところ、
何度見返してもラテアートとファッションプレートの名前がない。
ということで、あっさり当選確実となりましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ
・・・なんのドラマもネタもない。


結果


ギリギリの、あのなんとも言えないヒリヒリ感を味わえなかった今回は、
フツーに終わって寂しさを感じます。
次回は実績210になりますがこれではまだ勝負できんなぁ。
そして今回驚いたことは、社台の票があまりにも少なかったこと、高額とはいえジェンティルドンナが新規でも第1で申し込めば取れたことですね。

社台の方は皆さんご存知の通り、馬の価格は同じなのに獲得賞金はサンデーの約60パー。育成がノーザンに劣る。故障が多いなどが得票の少なさに現れているのでしょう。
ジェンティルドンナは最終中間発表で第1希望が24票。確実に40票と言わず50票を超えてくるかと思ったんですけど、回避した方が多かったようです。

これで今回の募集記事は終了です。
ありがとうございましたヾ(* ̄▽ ̄)ノ
記事検索
プロフィール

スティーヴ

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ