キャラックは5着でした。
もうすぐ走るなぁと時計をみながら過ごしてたのですが、気がついたらレース終わった2時間後w 慌ててリプレイみました。
ここ数レース中最高のスタートを切り期待もふくらみましたが、その後はいつもの最後方。特に見せ場もなくと思いきや、3コーナーあたりでちょっと押し上げぎみに進出していったところは、ずいぶん前の良かったころを見ているようでした。
あれだけのスタートを切って前に付けれないんだから、これは課題でも何でもなく、単にダッシュ力のなさがここまで不振な原因のひとつとみていいと思います。
小頭数でばらけることが分かっていながら、相変わらず内を突かず外をブン回す騎手も大概アレですがね。


『8月16日(火)大井6R・C2(十一)(十二)組・距離1600m戦へ56kg柏木騎手で出走しました。馬体重はプラス6kgの479kg、知らない馬券ファンから声をかけられるほど馬体の良さが目立って見え、好気配でした。単勝は5番人気。レースでは五分のスタートから押していきましたが、先行することはできず、結局、最後方で1コーナーを回りました。レースの前半は脚をためながらの追走で、残り800mから仕掛けていきました。後方3番手で3コーナーを回りましたが、先頭との差はつめられずに直線に向きました。馬場の大外から懸命に追われたものの、伸び切れず2.0秒差の1分44秒8の5着に終わりました。柏木騎手からは「ブリンカー、メンコを外した効果があってか、今日は最後までしっかりハミを取って走ってくれました。どうしても3、4コーナーで置かれてしまうので、そこで上がっていけるようになれば勝てるのですが。」と、松浦調教師からは「レース内容は悪くはないのですが、中々前で競馬ができません。このまま続戦して、的場騎手が乗れるようになったら魂を入れてもらいます。」とのコメントがありました。』


地方競馬らしくて楽しいコメントだと思ったんですけど(* ̄∇ ̄*)
また次走。