こちら福岡では、ここ何日も雨が降らず、その影響でしょうかなぜか日本全国快晴と思い込んでいたみたいで、大井の中継見た瞬間終わったなと思いました。


『8月2日(火)大井9R・C2(八)(九)組・距離1200m戦へ56kg柏木騎手で出走しました。馬体重はマイナス2kgの473kg、張り艶良くパワーのある馬体が目立ち、好気配でした。レースでは遅れ気味のスタートから、今日はステッキが入って押していきましたが中団につけることはできず、後方2番手からの競馬になりました。向正面で外へ持ち出すとマクリ気味にポジションを上げ、3コーナーでは中団から前の馬を追っていきましたが、4コーナーで脚色が一杯になってしまい2.4秒差の1分46秒0の9着に終わりました。
柏木騎手からは「前走時ほど馬場は悪くはなかったのですが、パサパサの乾いた馬場のほうが合っています。少しは進んでいったのですが、途中で止めてしまいました。気性的に止める癖がついてきています。」と、松浦調教師からは「向正面で脚を使っただけで、その後は一度も手前を替えていません。悪い癖がついてきてしまったので、次はブリンカー、メンコを外してみます。」とのコメントがありました。』


内枠引いてたので、少しは前に付けれるかなと期待してみたものの、やっぱりだめでした。
20戦目を見て私は思いました。この馬に五分のスタートはもう無理なんじゃないかと。 
毎回毎回、『良馬場!スタート!』 『良馬場!スタート!』 と願うのは諦めた方がいいのではないかと。
馬場はなんとかなるにしても、スタートだけはヨイショという感じで出るのは治らない気がします。前目が定石の大井ですけど、いつかはハマると信じて後方一気でも面白いかもしれません。
とは言え、斬れる脚もそんなに持ってないのですけどw
また次走。