まだまだ暑いですけど、ツクツクボウシもそうですが、日が暮れるのも早くなりました。夏は確実に通り過ぎていくのを感じます。
今年はちょっと暑すぎだったようですが、こんな夏はキライじゃないなぁ。



20100827021809


左からサンルイレイ ペティコロナ、パルタガス ペティコロナ、コイーバ シグロ6。
サンルイレイは前回の味加減が忘れられなくて再度注文。バター飴風味な感じが私に合ってるのかも。03年製でそりゃ7年寝かせたら旨くもなるのでしょうけど、7年でこれ?と言っては失礼か。
パルタガスは最初にショーツ、次にセリエD No.4、そして今回ペティコロナを吸ってみたけど、全般的に評判の高いパルタガスなのになんでか知らんがどれも・・・な味わいで、しばらくパルタガス銘柄は注文することはないと思う。特にショーツは誰しも評価する程素晴らしいのですが、たまたまなのか何なのかわかりませんけど全然ダメでした。このペティコロナは人気ないんだろうな。箱が相当古い。HABANOSシールの糊がなくなるくらい古い。ひょっとしたら管理悪くて風味が抜けているのかもなーと擁護してみる。
コイーバシグロ6はまだ吸ってませんが、これは期待できそうだ。しかしデカイなぁ〜。




●テイクバイストーム(5歳牝馬1000万下)

牝馬限定のダートなんてどこを探してもないものだから、使うレースに興味があったのですが具体的な目標が定まったみたいです。

『この中間も順調そのものです。直線坂路でハロン16~15秒のキャンターを毎日2本乗っており、週2回はハロン14~13秒に強めています。本来の走りが戻ってきて、飼い葉もしっかり食べることができています。次走は9月19日(日)中山・鋸山特別(ダート1800m)を予定しています。現在の馬体重は530kgです。』

何て読むのだろうと思ったらそのまんまノコギリヤマ特別。混合戦はどうなんでしょうと考えるまでもなく、能力的に全く敵わないのですが、クラスが上がればしょうがないようですね。牝馬のダート馬は厳しいと改めて思いました。いや〜今更ですが、ダート馬と思って出資した訳じゃないんですけどね。
レースに出れるだけで良し、と。


●ファルファリーナ(3歳未勝利・引退)

引退のお知らせが先週の土曜日に来ました。内容はほぼレポートの通りだったので、繁殖だ地方だなどの新しい情報は得られませんでした。前走の結果(7着)で完全に諦めたのでしょうが、ココナッツパルム同様、今回も決断は早かったですね。
新馬戦3着もあり、買い戻し10%に加え、抹消給付金や付加金を含めると、募集価格の40%は超えてるそうです。なので補償(特別割り引き)は発生しません。ダブルダブルスター の補償でファルファリーナに出資したのを思い返すと、なんだか無念さがさらに募ります。


●リトルエデン(2歳新馬)

『この中間も屋内坂路コースでハロン15~16秒ペースのキャンターを2本乗られています。この中間も順調に乗られており、坂路での動きにも磨きがかかってきました。牧場到着時に感じられた背腰の疲れももう心配なさそうです。9月中の入厩に向けてさらに乗り込みを進めていきますが、2回札幌開催は後半に組まれている新馬戦の鞍数が少ないこともあり、栗東TCへ入厩する公算が大きくなっています。現在の馬体重は457kgです。』 

9月中に入厩なら10月中〜後半くらいの出走でしょうから京都あたりでしょうけど、札幌後半の新馬戦を気にするくらいだから阪神なのかな?と思ったりしています。どちらにせよデビューはそう遠くないようです!