◎馬(まるうま)

一口馬主のワタクシ、スティーヴが重賞を勝つまでなんとか続けたいブログ

2010年02月

チーム・スティーヴ

暇だし思い立ったのでこれまでの出資馬をまとめてみました。





名称未設定 1のコピー


前からやりたかったのですが、ウチの馬が走る気配すらないのでここはいい機会、ここでまとめることにしました。

一口に出資するようになって今年で10年になりますので・・・年1勝・・・未満!(笑)なにやってんだと、いやホント調教師にならんでよかったと心底思います。こんな調教師はシルク会員に叩かれること請け合いです。スターシップとプラチナムは現役でがんばってますけど、途中退会しましたので、出資してたところまでの戦績を載せてます。

もっと出資してるかと思ったら意外に現在23頭。
系統はまだ細分化されてるものもありますが、呼び慣れてるものを使いました。ダンチヒ(ダンジグ)系もサドラー系もノーザンダンサー系でいいじゃんと思いましたが、ニジンスキーはニジンスキー系と表記したかったので、ヴァイスリージェント系とか初めて知りましたがそう表記したのもあります。
・・・だから何だ的な(笑)特別おもろいことも発見できず。 
 
地味だよねぇ。地味。血統的に光るものが感じられない。でも私らしい感じではありますね。どうしても最初にシルクコンコルドがくるのはご愛嬌。 「昔、シルクコンコルドって馬がいてな・・・」と語り継ぎたい気持ちです。グラスワンダー、ファルブラヴ、フレンチデピュティ、スペシャルウィークが2頭づつであとはちょいとつまむ程度な感じ。色んな種牡馬に出資したい欲望が表れてます。
大まかないわゆる“ノーザンダンサー系”が8頭と最多で、
平均価格1,608万円とやはりお安くまとまってますね。最高3,000万円の最低はシルキージャストの500万。母ノンダムールはダンチヒの半妹で結構気に入ってたんですけどねー。3000万の3頭はそれぞれ勝ち上がりましたので、当時は「馬はやっぱ価格なのかなぁ・・・」と思った記憶があります。

ほぼ出資順に並んでるのですが、母系を気にし出したのは12番目のレイニーウッドくらいからで、母父Affirmed・・・なんて素晴らしいんだ!みたいな。 結果はさっぱりでしたけど。 18番目のレガルメンテなんて、タキオン×Caerleon牝馬っちゅうだけで嬉しくなったもんです。こいつも肝心なところでだめでした。 
気に入ったら厩舎なんか関係なしに出資してた初期から、血統を気にし出した中期、そして今は・・・なんでしょう。テイクバイストームは姉のヒカルアモーレが、ココナッツパルムは兄のココナッツパンチが、 ファルファリーナはフサイチコウキ、 ドリームスケイプはソムニアといった感じで、結果的に上がまぁまぁ走ってるってところですかね。 

これで分かったことは、トータル大赤字の戦績サッパリってことですかね。 
今後も精進致します。 
あ、次勝ったら10勝ねお祝いしてね(*・ω・)ノ

出資馬近況2月

なんとドリームスケイプ08がキャンセル馬に名を連ねてます。間違っても私じゃありませんけど、ここまで順調なのにもったいないですなぁ。
馬名の方も正式な決定はまだですがチラホラあがってて、楽しみではあります。選ばれなくてもいいからかっこいい名前カモーン。


さて、出資馬近況です。 
●テイクバイストーム
『山元TCで順調に調整されて、きのう2月23日(火)美浦TCへ帰厩しました。再来週3月13日(土)中山・ダート1800m(牝馬限定)戦への出走を予定しています。』 

予定通り帰厩しまして、去年と全く同じレース選択とレース間隔です。
なんか・・・こんな調子でなんとなく終わっていくんだろうなーと考えると寂しくもありますが、いやいやもうひと花咲かせて欲しいと願うものです。

80024_00045584




●ファルファリーナ
『美浦TC近くの外厩・セグチレーシングステーブルに在厩しています。ここにきてようやく与えられた量の飼葉を食べられるようになってきましたが、それが馬体増に反映してくるまでもう少しの段階です。現在はハロン23~20秒程度の普通キャンターを乗る距離を少しずつ延ばしながら、馬体づくりに励んでいます。2回中京開催のあとは4月10日から福島と新潟の3場開催が続き、ここが一番相手が弱くなると踏んで、ピークを持っていきたいと考えています。』

イマイチ。んー、期待したほど変わってくれません。ワンセグ(ワンクッションセグチ)のくせに長いこと留まってますね。
上記の通りの帰厩がかなうとしても、そんなにチャンスがある感じでもありません。ここはひとつ万全の態勢で復帰して欲しいところです。


82012_00045283



出資馬近況

●テイクバイストーム(5歳牝馬500万下)

80024_00044244

『引き続き、直線坂路でハロン16秒のキャンターを毎日2本乗っており、週2度の速め調教はハロン15~13秒ペースに上げています。到着時に少し両トモに疲れが感じられましたが、だいぶ良化してきました。さらに乗り込んで、状態を上げていきます。現在の馬体重は512kgです。』

ピッチは徐々に上がってきてますが、加藤のことだから3ヶ月は使わないでしょう。2月下旬か3月上旬の帰厩と予想します。
それにしても、顔がずいぶんと白くなってきましたね。


●ファルファリーナ(3歳牝馬未勝利)
『美浦TC近くの外厩・セグチレーシングステーブルに在厩しています。きょう12日(金)には高橋祥泰調教師が訪れて状態を確認しました。ここにきてだいぶ馬体はフックラとしてきて、あと2週間ぐらいで帰厩の態勢が整いそうとのことです。』

こちらも同じころの帰厩となりそうです。
いいさいいさ、のんびりやってくれたまえ。

ドリームスケイプ08の近況2月

小倉開催ってそろそろじゃなかったっけと思ったら、もう今週は小倉大賞典だった。んで中京やし!あー知らんやった。
中京の改修工事で年末の開催が小倉になるわけね。

待ち遠しかったドリームスケイプ08の近況が更新され、
そういえば1月末日締切だった馬名も応募しましたよ。母の「夢のような光景」から連想されるものでまとめてみました。

第1希望馬名 メテオラ meteora

第2希望馬名 ロカ roca

第3希望馬名 ヴィース wies

第4希望馬名 ラポニア laponia

全て地名で世界遺産(笑)。世界遺産が全て「夢のような光景」とは限らないので、牝馬らしい雰囲気と短めのスペル、私自身見てみたいなと思うものを取りました。
馬名検索してもとりあえず被りはなさそうですが、よくよく調べてみたらロカなんてのは便器の会社が実在してまして、グループ全体で世界最大だと。なんだ世界一はTOTOじゃないの?と思いましたが、TOTOってバンドがアメリカにあるくらいだからまっいいかと。ちなみにワタクシ、スティーヴの名前はこのバンドのギタリストからです(笑)。解散宣言しちゃいましてね。以前、ZEPP FUKUOKAに来たとき最前列でみまして。ルカサーがピックをピシッと投げたとき、逆光で見えないので適当に挙げた私の左手に吸い込まれるように入った時にはもう嬉しくて、こんなんちっこいピック使ってたんだ!と驚いたものです。話しはそれましたが、もう応募してしまったものはしょうがない。その為に何点も応募するんですよね。


さてドリームスケイプ08ですが、順調にケガなく乗り込まれてるようで、翼まで生えたそうです。

 

名称未設定 1のコピー


『引き続き順調で、周回コースでハッキングキャンター1600mのメニューに加え、週3回は周回コースの後に屋内坂路(900m)を1本、ハロン17秒ペースで登坂しています。この中間もペースを上げて乗り込んでいますが、手応えには余裕があり、姿勢も低く安定感のある走りを見せており、トモの緩さも随分と解消してきた印象です。脚元もしっかりとしており、今の感じなら早くから始動できそうな雰囲気です。現在の馬体重は435kgです。ちなみに翼もようやく生えて来て、毛ヅヤも良好です。』

仕上がりが早そうなのはいいことです。
無事に進めば楽しみです。 

記事検索
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ