◎馬(まるうま)

一口馬主のワタクシ、スティーヴが重賞を勝つまでなんとか続けたいブログ

2009年11月

テイクバイストームはまた3着

日曜福島に出走したテイクバイストームは前走と同じく3着でした。
最後方からの競馬で、吉田隼人は「今日の進め方は作戦」 らしく、惨敗も覚悟しましたがまぁまぁの結果に落ち着きました。500万下の牝馬限定なら上位に食い込む力はありそうです。ってかそんな威張れたもんじゃありませんが。

テイクバイストーム


『レース後も変わりありませんが、いつものレース後のように少し硬くなるところが残っています。次走については少し間隔を取って、12月20日(日)中山のダート1800m戦あたりを目指していきます。』 

中山で続戦の模様です。
ただ、牝馬限定ではないし、そもそも500下のレースが少ない年末の中山で、強い馬が出てくるのは間違いなく、苦戦を覚悟しないといけませんな。 



web宝くじシミュレーターfor年末ジャンボ宝くじ

もうこの時期になりましたが、絶望的な数字になります(汗) 

テイクバイストーム第15戦

このライブドアブログで書くのは初めてですが、
うまく移行してるでしょうか。

テイクバイストームの出走が確定しました。
前走と比べて、まず同コース同距離なのでその辺の心配はないと思います。ただ鞍上がその日は東京で騎乗する小野次郎大先生にかわり吉田隼人にスイッチされて、まぁ一般的には鞍上強化なのでしょうが、次郎と手が合ってただけにちょっと心配な部分ではあります。



出走表

引き続き勝てないまでも馬券内はあると思います。
最低でも権利を。

出資馬近況(11月)

■テイクバイストーム(4歳500万下)

今週出走予定です。

『今週11月22日(日)福島・ダート1700m(牝馬限定)戦に吉田隼人騎手55kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート15頭のところ本馬を含めて35頭が出走を表明していますが、前走3着の優先権がありますので確実に出走することができます。』

いやな予感はだいたい当たるものですが、
テイクバイストームが出走したとしてそれが着外だとすると、
なんとなくですが、チーム・スティーヴとして今年の走り納めの気がします(笑)
無様な負け方だったら「良いお年を!」と言わなければなりません。
まぁ5着以内なら安心って厩舎じゃないからねぇ。


■ココナッツパルム(3歳500万下)

ダメさ爆発ですけど、この馬なりのがんばりは感じます。
もう精一杯なのでしょうか。

『前走レース後は脚元に異状はありませんでしたが、本日11月11日(水)美浦TCから車で10分の距離にある外厩・セグチレーシングステーブルに放牧に出ました。長距離輸送ではさらに体重を減らしてしまうことになることから、近場でまずは馬体回復に努めることにします。』


■ファルファリーナ(2歳未勝利)

予想していた通り、復帰を予定していた期日は完全にスルーしまして、
いつ帰ってくるのかわからないまま山元にいます。
福島を過ぎてしまうと、調教師の狙いである芝1200の番組がなく、
どうやらこのまま年越ししそうですなぁ。
そうそう、ファルファリーナに2戦とも騎乗し、元所属だった田中騎手がG1勝ちましたね。

『しばらくウォーキングマシンの運動のみにとどめたことで、馬体が少しずつ増えてきました。左前脚のソエも良化したため、おととい12日(木)から騎乗を再開しています。現在は直線坂路でキャンターを軽く1本乗っており、様子を見ながら進めていきます。現在の馬体重は423kgです。』


■ドリームスケイプ(1歳)

この時期にケガをしてなければ何も言う事ありません。

『この中間は徐々に距離を延ばして込んでおり、現在は屋内周回コースでハッキングキャンター1200mのメニューを消化しています。やや敏感な面はありますが、姉と比較すれば大人しい方で心配は要りません。脚元はすっきりとしており、乗り込みを重ねるたびに脚取りもしっかりとしてきました。今後も周回コースで心肺機能やトモを鍛え、更なるペースアップに備えます。現在の馬体重は441kgです。』

ココナッツパルムは14着

福島で出走したココナッツパルムは14着でした。

課題であった気性面の成長が全くなく、
輸送で馬体を減らし、レース前に体力を減らし、
増えるのは不満と着順だけ(笑)


つか、この調教師、転厩にあたって引き継ぎとかしてないんですかね。
前調教師もほぼお手上げ状態でしたし、
普通の気性じゃないって分かってるのに、
なんの工夫も見えませんでした。
普段ではものすごく気を遣ってくれたのかもしれませんが、
同じ事の繰り返しのような気がします。




『11月8日(日)福島・芝1200m(牝馬限定戦)に54kg津村騎手で出走、馬体重は前走8月の札幌戦からマイナス16kgの430kgでした。レースでは、スタートを五分に立ち、先団の直後6番手の好位につけました。4コーナー手前で内を追走から、そのまま直線でも内を突きましたが、ここからの伸びがないまま、最後は勝ち馬から1秒6差の14着に終わっています。レース後、津村騎手は「レース前から煩く、かなり汗をかき、そこでの体力のロスが大きい印象です。レースでもひと息で行ってしまいました。スピードはありますが、現状では心身のコントロールができていませんね」、田島調教師は「乗り役が騎乗してから、一気にテンションが上がってしまいました。楽にあの位置につけることができたように、スピードはありますが、イレ込んでいた分、終い踏ん張ることができませんでした。馬体重も輸送でさらに減ってしまいました。今後は一旦放牧に出して、まずは馬体を戻すことに専念します。もう少し落ち着きが出るよう、工夫していきたいと思います」と語ってくれました。』


「飼い葉の食いは悪いっすけど普段の気性は我慢がきいてるんですよ!
競馬にいったら全くダメでした。」

って言いそうですが、そんなの分かりきったことだろみたいな。
メリー田村に何も聞かなかったのかオメーは。
なんかこう・・・なんだろ、
こちらに伝わってくるものが何も無い調教師なんですなぁ。。。
残念です。
ま、そもそも競走能力とは気性も含めてですので、
それも疑わしくなってきたのも事実です。









5a8f0a4e.jpg

ココナッツパルム第6戦

松井嬉しそうだったな。
マルチネスを完ぺきに捕らえましたね。
ヤンキースの来年のカレンダーに松井は載ってないらしいので、
放出確実なわけで今後の動向が気になります。
この活躍でオーナーもGMも気が変わりませんでしょうか。


ココナッツパルムが田島厩舎に転厩しての第1戦を迎えます。
調子の方はといえば、あんまり上がってきてないように思えます。
それよりこの馬の場合は気性気性と言われ続け、
出資した当時からその心配はしていましたが、
まさかこんなに悪いとは。。。


6561d720.jpg



かわいい顔してるんですけどね。





d7c23e9b.jpg



ウインにタイキにユニオン、キャロット、そして社台。
多彩な顔ぶれとなりました。

『今週11月8日(日)福島・芝1200m(牝馬限定)戦に津村騎手54kgで出走が確定しています。きのう(水)坂路コースで追い切り、51.6-37-24.3-12.2秒の時計をマークしました。この中間、飼葉は徐々に食べ始めていますが、掛かっていく気性は変わらず、太ってこないのが悩みのタネです。輸送をクリアすることが第一条件で、いかにセルフコントロールできるかが鍵です。』
記事検索
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ