◎馬(まるうま)

一口馬主のワタクシ、スティーヴが重賞を勝つまでなんとか続けたいブログ

2005年09月

40,000感謝♪

誰が踏んだのか判らんけど地味なところで、
40,000Hits☆達成♪わぉ!
ありがとうございます。
これからもよろしくです。

さて今週は背水の陣で挑むシルキーブリオが出走予定です。
初ダートですが出られるだけで良しとしなくては。鞍上はモト冬樹だそうで、なかなかおもろいコンビです。最後のチャンスですから、ぜひ3着以内で。
そしてもう1頭、シルクスターシップが2戦目を迎えます。1度叩いての前進を期待してます。

最近こそ朝晩の風が秋らしくなって、センチメンタルな気分にさせてくれますが、ここら辺は11月まで蚊がいます。なので定期的にうちの会社の猫にフィラリアを飲ませてます。最初に言った適当な名前がそのまま病院に登録されてますな・・・。
f1d1aa7e.jpg

史上初。

食材に対して最適なワインを提供するソムリエ。
その知識は膨大で、立て板に水なすばらしい話術もあります。
そして最近(?)では野菜ソムリエ(ベジタブル&フルーツマイスター )なるものも出現し、野菜と果物のおいしさを理解し、伝えることができるスペシャリストもいます。

そこで気がついた。。。俺は。。。。。













a06376d0.jpg

ラムネソムリエ。。。。(史上初)(゚Д゚)ウマー

シュワシュワと口の中でとける爽やかなはーもにーは、この歳になっても密かな楽しみとなっています。
写真のカクダイのクッピーラムネは全てのラムネの基準となりうる存在かつ、御大。総本山。昭和37年発売以来変わらぬ味を届けてくれて、
全てのラムネはクッピーラムネに通じると言っても過言ではない存在です。
近頃は一粒がビッグサイズなのも出てきてますが、硬さ、風味(あるのかよ)、舌触りを考えればスタンダードなサイズが一番だと考えられます。一気食いもできますしね。
おっと一気食いで気をつけねばならないことがひとつ。クッピーラムネには微妙に・・実に微妙にがしてあり、私クラスになると味の違いがわかる男になる。ちなみにオレンジが好きなんだが。はっはっはー。試してくれたま”へ”
そして私の中でナンバー2の地位を占めるのが、
8f784784.jpg

森永ラムネ。
ラムネ界のリカルド・パトレーゼ!(古)
歯ごたえは抜群だ。最近では色んな味が増え私を楽しませる。しかし、味によって硬さが違うのが寂しい限り。そしてメロン味はやめなさい。私はメロン味(メロン本体は大丈夫)が苦手なのだ。
その昔、スティーヴ少年が遠足に行き、友達にその素晴らしい味をみんなにもと友達の手に分けてあげると、ビンの口から大量に出た。。。。。






泣いた。

木に登ったり、砂遊びしたのそ薄汚れた友達の手からはさすがに取り返す事はできず、ただの気前の良いスティーヴとなりすまし、その場をごまかした・・・おっと話が逸れたが、今では大人買いも余裕のヨッちゃんなので泣く事はない。しかし、下に落ちても食おうとする癖(3秒ルール)はいまだ治らない。
そしてあれから25年。今ではロッテのドラえもんラムネやきかんしゃトーマスラムネや、アンパンマンラムネなどに代表される一粒一粒にキャラクターが施されていて、手が込んだ造りなものも出現。硬さは森永ラムネの上を行くAAランクの硬度を誇る。味も秀逸。嬉しい限りだ。
しかし味と硬さ、見た目も我が路線を行くそれぞれの商品だが、森永ラムネと形状がほぼ同じなカルピスラムネ。残念ながら私の中では最下位だ。
食った瞬間ふーたんぬるい(方言?)味がまったりと広がり、ラムネ独特の爽やか感が全くない。これじゃぁまるでお子様用じゃないか!あとで調べたらミルクカルシウム配合とかで、「ラムネ菓子は元々カルピスと味が似ている。」と言ってるやつを発見したが、俺から言わせたらノンノンだ。話にならん。

・・・とまぁほんの一部を紹介したがいかがかな。
いつのまにか博士口調はご愛嬌。秋の夜長をテレビを見ながらポリポリするのもなかなかのもんですぞ。








時々ホネ食ってるみたいな錯覚を起こしますが。
4c639b18.jpg

ログインさせてくれ!

最近なぜかこのブログにログインできませんでした。なんか調子悪いな・・。

先日触れたシルクシュートの現役引退が正式に決まりました。残念ではありますが、この成績では仕方なしです。よくがんばってくれました。
そして風前の灯火な馬がさらに2頭。
シルクヒュージとシルキーブリオ。
ヒュージは無事デビューを果たしたはいいけど、時期が時期だけに・・。ブリオは、24日札幌の未勝利牝馬限定に想定されてます。出走できるかは微妙ですが、最後のチャンスに懸けてみます。
一方、2歳馬は順調な仕上がり具合で、シルクスターシップがデビュー戦で4着に粘り、期待のサークルチェンジが『21日は美浦南Dコースの乗り込みとゲート練習。「入厩後も至って順調ですし、乗り味もすごくいい馬ですね。ゲートの入りや駐立は問題ないし、出るのも速いです。このまま順調にいけば、かなり期待できるんじゃないでしょうか」(有賀助手)23日にゲート試験を受ける予定。』と、俺をうかれポンチにさせるような言葉を貰い、この時点で早くもチーム・スティーヴ2勝目の手応えを感じています(笑)今週の注目新馬なんかに推奨されちゃったらどうしよ。まいっちゃうなぁ。いやぁ?デビュー前は夢がみれるなぁ・・・。覚めないでくれ!

福岡さん繁殖に上げてくれ!

さて、秋競馬に替わり(もういいって)またひとつの物語が終わろうとしています。

e6990681.jpg


シルクシュート引退勧告。

「レース後は気の悪い面を見せると歩様も少しぎこちなく、調教師から引退を打診され、今週話し合う事になりました。」

勝たねば先が無いのは判ってますが、なんともいえない気分です。
かわいいだけじゃダメなのか。


こんなこともみせてくれた。。
やっぱ寂しいっすわ。。。。

え?。

秋競馬に替わり(昨日に引き続き2度目のフレーズ)、さらっと振り返ると、もうじき10月。つまり。つまるところ。

まるっと1年勝ち星なし。
自分の情けなさにもう腹も立たん。
年頭に立てた今年の目標を恐る恐る見てみると、
あちゃ?なんて大胆な俺!


「ズバリ!ぜひ3勝したい!」

なんて言ってますがどうしてくれよう当時の俺。
さらに、

「マニでもう1勝、3着2回のブリオとまだ走ってないヒュージ+フィジカルで1勝、2歳勢で1勝。決して無理ではない数字と思うがどうでしょう?
勝って愛馬がどんどん増えると言う事ナシなんですがね?。」


マニは早くて年末か。ブリオは次走すら怪しい状態。ヒュージは辛うじてギリギリの出走(予定)だし、フィジカルに至っては・・・・。
大幅に修正しなくてはならん。。。。困った。



んじゃば、




サークルチェンジで3勝!ダメ?

秋競馬

秋競馬に替わり、我がチームにも秋風が漂うのか??
土曜のシルクシュートが13着、日曜のシルキーブリオが7着。
正直に言わせてもらえば、両馬ともにこの先厳しいでしょう。
まず出ることが先決になり、条件など構ってられなくなりますし。
チャンスはあと1回あるかないか・・・。
新馬が出てくるこの時期は嬉しい事と悲しい事が入り交じって、なんとも言えない気分ですなぁ。

キャロットが募集の真っ最中ですが、会員の方、新規で申し込みしようと考えてる方はいかがですか?
もうだいたい情報も出尽くした感がありますので、
そろそろ選定してる頃だと思います。
馬体も性別も厩舎も価格も完璧にビンゴ!ってのはそういないので、どこかで妥協が必要になってきますよね?。どこまで納得できるか・・。
一時は3頭まで絞り、そして6頭に増え、厳選して4頭。しばらく情報収集してたらまた6頭に増え・・・。そんなことの繰り返しです。
そして今、2頭。牡馬牝馬が候補として残ってます。
さてさて投函までまた増えるのか、いやこのまま確定か。どちらか1頭か。
票を読みながら、週末には決断します。

パンフとカタログの対決。

突然ですが素朴な疑問。

パンフレットカタログの違いは何だ。

シルクはパンフレット。キャロットはカタログ。

【パンフレット [pamphlet]】
 仮綴じの薄い冊子。パンフ。


【カタログ [catalog(ue)]】

(1)商品や展覧会の作品の目録・説明書。
(2)営業案内。〔「型録」とも当てる〕


う?む。シルクは仮綴じだったのか・・・。
いつの日かカタログに昇格する日はくるのだろうか。

台風接近。

風が強くなりだし、台風がかなり接近してきたのだと思ってたらなんのこたぁない。まだまだ全然です。それでこの風かぁ。大型で非常に強いというのはどうやらホントみたいです。
それの影響で朝からバタバタと簡易看板の撤去。その中に真っ最中の衆議院選挙事務所も含まれます。台風が過ぎればまた取付けするのですが、やはり選挙期間中の看板撤去には少なからず抵抗がありそうでした。選挙事務所の殆どはレンタルのプレハブだったり、貸店舗の一部を借りたりで、選挙後は跡形も無くきれいにして返却しなければなりません。なので頑丈に取付けは可能ですが「もう絶対取れないよ?」じゃ困るのです。最後に「なんとか付けられる方法はないですか?」と聞かれましたが、即答「無理です。」と(笑)まぁホントの事をいえば無理・・・じゃぁないのでしょうが、ココの貸店舗は特別難しい造りになってて、普通に取付けるだけでも苦労しました。壁から道路に向けてVの字に突き出してるんですよ。今回ばかりは諦めてもらいました。応援していますので、無事の当選をお祈り致します。

さてキャロッツ(ツ・笑)ですがー。
少々薄い感じもしますが、トウカイテイオー×ケージーパールにだいぶ傾きぎみです。宮本博厩舎。失礼な話ですが、この厩舎ってほとんど知りません。なので慌てて調べてみたほどです。本宮ひろしなら少々。(「俺の空」のみ)
そして、ジャングルポケット×コンクラーベサクラバクシンオー×プリマダンサーと続いています。
トキオルンルンのこの体ってどうなんすか。ゴツそうな感じですがDVDでは意外と柔らかく見せてると思いましたし、キビキビした感じなんか特に好きでした。でも手を出し辛いなぁ・・・。

キャロット募集馬05

う?む。
悩ましい。。。。
昨日の馬体発表初日はどうしても基準が甘くなって、約1/3が候補として残りましたが、一旦気持ちを整理して本日再度みてみると、多少落ち着きがでたのか、それまで候補として残ってた仔をピンピンと弾きました。
まだDVDも見てないのに絞れつつあります。
お仲間の掲示板でチェックを入れてみるものの、さして情報は得られず。
そっか、まだ早いか。。。
そのうち各所で論議が行われることでしょう。

現時点でここまで絞りました。
今日は届いてるハズのDVDを見るぞ!
記事検索
プロフィール

スティーヴ

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ