◎馬(まるうま)

一口馬主のワタクシ、スティーヴが重賞を勝つまでなんとか続けたいブログ

2005年06月

銀行にて。

先週の宝塚記念回顧を・・・しなくていいか(笑)
池添JKは絶叫してましたねぇ。会心の勝利だったと思います。

朝イチに月極駐車場の振込を済ませようと銀行へ。朝って結構CDに並んでますね。通帳を入れ、いつもの通り画面にソフトタッチ♪ギー・・ギー・・と記入の音が聞こえ、気の短い俺は通帳を吐き出すその口に手をやり、今か今かと待っている・・・待っている・・待っている・・・。






しっかりと食われてますよ、通帳が!


しばしボーゼンとして、ハッと我に返る。最近のCDは覗き見防止機能が付いてるし、後ろから覗かれてないか、丁寧にミラーまで付いている。チラリとそのミラーを見れば、痛いほど視線が突き刺さってる。やばい。
すると使用停止の赤いマークがピコッと付いたので、後ろの人に「すみません」と謝ろうとしたその瞬間、一斉に列が左右に分かれた。軍隊並みの俊敏さだ。
今度は横からみられまくりまくりすてぃー(古)
俺はインターフォンを繋いで、さっさと受付の方へと




逃げた。だって俺は悪くないもーん。

まずはブリオの走りに注目っす!

今日も暑かったっす。
このまま晴天が続けば、もしかしたら給水制限が出るかも知れない。例年の降水量の約1割しか降ってないそうです。去年でしたっけ?日照不足で野菜類が信じられない価格。今年もそんな年になるのでしょうか。

明日は宝塚記念。G1イマイチ君救済レースなのだが、今年はそのイマイチ君すらいない。上と下では大きな壁がありそうだ。
◎15.タップダンスシチー
○ 6.ゼンノロブロイ
▲ 8.サンライズペガサス
△11.スイープトウショウ
△12.アドマイヤグルーヴ

3連単1着2着を15と6、6と15であとは流して計6点。
・・っと、その前にシルキーブリオの走りに期待してます。8ヶ月休養かぁ。長かったなぁ。

ベガ仔

今日無事に社台/サンデーの申し込みを投函してきました。

1位132.プリティタイディ 牡馬
  (父・アドマイヤベガ)  美浦・田村厩舎
2位174.チャペルラヴァー 牡馬
  (父・ジャングルポケット)栗東・安田隆厩舎

気持ちとしてはどちらが1位でも良かったのですが、堅実に走ってくれそうな仔を・・との思いからプリティにしました。あ、もちろん1頭のみですよ。40口という狭き門で無事に出資できるかは判りませんが、多分大丈夫・・・・と思う。どうか通りますように。
考えてみれば、サンデー系の牡馬は初めてとなりますなー。ベガはラストクロップ(※そんな訳ないじゃん!来年がラストクロップ!ちゅうことで、7/8訂正)になりますね。今回はマンハッタンカフェ、ジャンポケ、ギムレットの陰にかくれた感じで意外にお買い得だったかも!でもいまごろになって、フォーカルポイントの妹もいいよな・・と(笑)

山の頂きへ。

なんちゅうか、予想した後にこのブログを書くのっていつもすごく恥ずかしい。
ネタがないのも困りものだが、当てた記憶がさっぱりない。「当てました?。」と全て後だしの気がする。たまには当てて自慢したいのだが・・・。

今週は社台の第一次募集締め切りウィーク。水曜日投函分までです。「オメーに関係ないじゃん!」とのツッコミありがとう!



んがしかし!





投函します。本気です。

一口始めるにあたって、最初に取り寄せた資料はシルクと社台/サンデーでした。シルクは無料だったのでいいのですが、社台は当時から3,000円くらい払わなければなりませんでした。それは知ってたんですけどね・・・


支払った記憶が全くないんです・・・。オロオロ。

これってヤバイかも知れん。恐る恐る電話で資料請求。
そして・・無事到着!(セーフ!)寛大な処置だったのか、ホントは支払ってたのか。実は特別に無料だったのか(それは無いか)、真相は判りませんが、そんなとこで躓くのかとヒヤヒヤしてました。

シルクの実績(笑)をひっさげて、やや無謀な挑戦のはじまりはじまりぃ?。

プロキオン

さて、愛馬の出走もないし、
スティーヴ入院とか、スティーヴ逮捕とかいうネタもない。
シルク募集馬という情報も入ったが画像&厩舎を見るまでは冷静に。。。できん!エアシャカールですぜ。いや、最弱世代だったとか、その能力に疑問とかそんな話もきこえますが、その希少価値にシルク会員はZokkon命(LOVE)(古っ)のハズです。
今期はなかなか面白い募集馬ですよ。

んじゃ、たまには予想を書いてみるかな?。

さすが夏競馬に突入の感じ。今週はGIIIがひとつだけ。
難解っちゃ難解ですが、ズバリ当てましょう!
◎は4.メイショウサライ!
もうサライと聞けば谷村新司。
松本好雄氏の十八番と聞いた事が・・・残念ながらない。
どんな歌かも知りませんが、俺の中では新司に勝るものはない。
強烈な個性をみせる谷新で決まる!
サライという雑誌もありますね。えらく雰囲気のいい宿が満載。
何度か読んだことがありますが、写真が秀逸です。
といいますか、素直に差しが決まると見てます。甘いかな。
先行激化の中、どれか2頭くらい残る馬も出てくるんですよね。
○15.サンライズキング。
キンググローリアスってーのはマニフェストで少し勉強しましたが、
相手云々ではなく、いかに気分よく走らせるかにかかってます。
外目を引いたことと、乗り馴れた騎手で・・
って、池添・・たった2回しか乗ってないのかよ。まぁいいや。
っでここに持ってくる▲2.武。
サイレンスボーイでもあるがここは武豊。
どんな馬に乗ってもこの辺りには持ってくるんじゃないの??ってな感じです。
そして△は通常人気しそうな馬を持ってくるのがスティーヴスタイル。
なぜなら人気馬蹴飛ばして美味しい思いをしたいというグヘヘな俺と、
やっぱ来たか・・というのを避けたいスティーヴ。
なんと中途半端。だけいつまでたっても勝てんクサ。
ここはひとつ思い切ってすんげぇ?所を突きたい!




△13.テイエムアクション!

え?
人気馬なの?そら困ったな・・。
まぁいいや(笑)
記事検索
livedoor プロフィール
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ